第13回文学フリマに行ってきました(その2)

(続きを書く気力が残ってた)

一般参加者が入場開始してからの文学フリマは、暫くまったりモードでした。
雲上回廊とQuantum EDiterは、会場が変わろうがなんだろうが、普段通り通常運転です。
今回は、ゆる本の既刊を追加増刷して持って行ったのですが、お求めになる人が殆どいませんでした。

あ「ゆる本の既刊、全然売れてない! 増刷する意味あったの?」
も「そもそも、事前告知がなかったよね? 知ってたら、既刊で持っていないナンバーを確認してから来たよ。」
あ「あー。」

絶対に所持していない既刊ナンバーは買いましたよ。
尚、文学フリマで入手した物はまだ全部読めていませんが、今回も安定の巡回をしました。

1.『ゆる本13(A面/B面)』
2.『ゆる本12(A面/B面)』
3.『ゆる本10』
4.『絶対移動中vol.10「妄想×少女」』
5.『3rd Luna Story Vol.1』
6.『roses/deahts/scripts』
7.『列車でステキなとこ行こう!!』
8.『ちょっぴりエッチでかな〜りおバカな徒歩と都バスで東奔西走!! 東京23区役所旅行記
9.『紅玉緑玉〜べにみど空を行く』
10.『Der Gchuessel zu Burg』
11.『生存戦略C80』
12.『Hashtag #twnovel
13.『迷宮図書』


うん、いつも行くところしか行ってねぇ!
『列車でステキなとこ行こう!!』は、キセン君の隣のブースの方でした。キセン君のおかげで良い出会いをすることができた!
でも、二階はリア充空間だったので早々に退散して、二回目の巡回に行くことはありませんでした。
ちなみに、僕は内弁慶外地蔵なので、いつも行ってるところでも、知り合い繋がりだったり一緒にご飯を食べたりしたことのないサークルさんとはまともに会話できません(電波を自覚しているので、まともな会話が成立するのか不安で堪らなく、いつもこそこそしてしまう)。
これは勿体ないんじゃないか?と思うので、次回から改善したいですね。改善します。「あ、ソウルジェム! マミさんですね」って話しかけられても、もっとちゃんと会話するんだ....次回は頑張るんだ....。

定期巡回を済ませた後は、本当にのんびりとまったりと、簡単な軽作業に従事したり(目撃した人は他言無用でお願いします)していました。
今回は、交通の便が微妙で一般参加者が減っているのかな? という印象を受けましたが、会場全体がゆったりとしていて良かったなと思いました。

おしまい。

第13回文学フリマに行ってきました

10周年おめでとうございます。
今回も、雲上回廊のブースにいました。ちなみに、アキヤマニアは「ジャンル:秋山真琴」です。
い、意味がわからないと思うかもしれないが、僕だって意味がわからねぇよ!!

さて、新しい会場ということで、どきどきしながら行ったのですが、大変広くて明るい会場でした。
今までのせせこましく、あんだーぐらうんどな空気感が一掃されてしまって、二階会場は、完全にリア充空間だった(武蔵野ヘルスセンターさんは小さくなってフリペを書いていらした。新刊がなく、既刊はすべて所持しているので、そっと去りました)。今後はそうなるのかー。

文学フリマの当日の挙動。
朝、お布団から離れがたく、ぐだぐだしていたら時間が足りなくなってゆるふわが半端になりました。
しかも、予定してた電車に乗り遅れる失態。しかたないので、東急オンリーでJR蒲田駅前に行くことを諦め、あっさり横浜線ちゃんに乗車。
すると、TL上に「TRCには、蒲田より大森の方が近い・・・」という天の声が届き、待ち合わせがJR大森駅にあっさり変更になり、経路変更が功を奏すなど。先に辿り着いてたことひとさんと、「朝ごはん食べていないからおなかすいた!!」ということでスタバでツナサンドをもぎゅもぎゅしていらた、銀河系最強がビックフォレストに降臨……。

〜会場まではこんな感じだった〜
秋「ところで、今年の会場ってどこだっけ?」
も「どこだっけ?」
こ「おまいら………」
〜タクシー乗車〜
も「トゥーランドットってさぁ! あれ、良く考えたら百合だよね! 王子いらなくね? 姫君とリューの百合百合なんじゃん(ただし、物語の途中でリューは死にます)」
秋「・・・・・」
こ「・・・・・」
〜タクシー下車〜
秋「うわっ、モノレールだ!」
も「(おひるごはん、何を食べよ?」
こ「…荷物、重い。(ガラガラ」
〜サークル参加入場待機列〜
秋「あぁ、なんたることだ!『Fate/Zero』を忘れたぁ!!タリーズで読もうと思ってたのに!!」
も「(秋山真琴がドジっ子。ウシシ)」
こ「それは残念! 面白いのに! どこまで読んだの?.......」
(以下、もにょの存在が空気に………泣かない、泣かないよ)
〜サークル入場開始〜
秋「チケット入ってる封筒を探すのがめんどくさい……ことひとさん、ちょうだい☆」
も「ことひとさん、ちょうだい☆」
こ「おまいら………」
秋「封筒の中には6枚入ってるけどね☆」
こ「秋山ェ.........」

ブースに辿り着いて、もにょが一番最初にしたのは、ゆる本の製本でした。
「秋山真琴が手伝ってくれない!」って文句言ってたらちょっと手伝おうとしてくれたのですが、ホチキスが寿命のご様子で、秋山が扱うと芯がガタガタっとなってしまい、その後僕も同じ症状に悩まされ、「正直、手伝おうとしてくれなくて良かったかも…完全にペースが乱れたー」と八つ当たりをしていました。
ペースが乱れた結果ちょっと時間がかかってしまって、踝さんが到着してからも暫くブースを占拠しちゃって「もにょさん、そこ俺のブース・・・(/.;)」って言わせちゃった。アキヤママコトガワルインデスヨ。

11時、文学フリマ開会。
(続き、書くかな・・・力尽きた)

第十二回文学フリマに行ってきました。

雲上回廊のブースで僕と握手してくれた皆様(ubさんだけだったけど)、ありがとうございました。

・ ゆる本11号
→僕も寄稿しました。鳥子さんのがかわいくて、虜になりました。
少女小説家のネタ帳
・浅野さんと犀川さん
・Imaginary Interview
→三番目の人が! 
・絶対移動中Vol.9「オタクライフ」
→いろは先輩にめろめろです、
・シンクロニクル壱(号虎)
・どくろく臨時増刊号
・そよ風文芸食堂目録
・2011年初夏版文学フリマ参加者のための『お得な乗車券』ガイド
秩父SL旅行記
・チハヤぼん
・90の昼と90の夜
・地球光
月光蝶

以上を入手しました。
感想などは、おいおい。

5月18日の池袋リブロでのサイン会に行きますよ。

前回の記事から二年半くらい経過しているとか、気にしちゃダメだ。
前回の記事とネタが全く一緒(対象書籍は違いますが著者は同じです)だとか、気にしちゃダメだ。

アレですよ。突然、会社が民事再生を申請するとか、予想できないよね?
(↑お取引先の皆様にご迷惑をおかけしましたが、ご厚情を賜り、民事再生手続きは終了しました・・・)
たしかに、上司(オタク係長。なんか、毎日アニメの話をしながらガツガツ仕事してた)が、「今年の冬のボーナスは出ないものと思って、ボーナス払いで買い物をしちゃだめ!」とか言ってたけど、みんなそのアドバイスに従ってたけど、本当に驚いたよ。
そして、ちりぢりになっていく同僚を見送ったり、僕は子会社へ転籍しました。ちなみに、通りを挟んだ別のビルへとお引越ししたのに、3カ月経たずに元居たビル(しかも同じフロア)へ出戻ったりしました。
要するに、はてダのことはすっかり忘れてたってことです。

ところが、昨年末くらいから、秋山真琴氏が「ドミニオン楽しい、ドミニオン! ドミニオン!!」と騒いでいたので、やってみたくなったのですよ。
そうしたら、秋山邸にてドミニオンをやる会をすることになったのですよ。
気付いたら、ドミニオンやらずにいろんなゲームの開封作業(とルール解読)とかしてるんですよ。
お か し い だ ろ ?

でも、ボドゲ面白いよね!もっとやりたいなぁ!とか言ってたら、秋山真琴は、「今度、ラ管連のボドゲ会があるんですけど、よろしければ、僕がエスコートして差し上げますから一緒に行きませんか?」と言ったんですよ。
言ったくせに、当日、僕より遅く来て、割と放置でしたよ。
知ってる。つぶらな瞳の暇人ちゃんが困ったちゃんだってことは、よーく知ってる!

そんなわけで、はてダの存在を思い出したのです(←はしょった)。
きっと、ゆるゆると更新していきますよ。

桜庭一樹氏サイン会に行く予定です。

昨日の朝九時に泡食って電話しますた。丸善は対応がよいです。
29日は執事喫茶に行く予定があるので、三時前から並べませんが、行きます。行きますよ。

今日の垂涎

『週刊車窓』に萌えた。
その場で「エクセレントーっ!」と叫びたかったが、自重した。プルプルしながら大人しく、「これください」と言って売ってもらった。この発想は無かった。非常に良い。とても良い。布教用にもう一部買えば良かったと非常に後悔している。
違う路線でこれと同じことをしても良いか、著者に問い合わせをしたいくらいです。日刊ではなく、週刊なのがとても良い味を出している。まだ全部読んでいないけれども、これから大切に読みたい。
今日も、去年と同じくらい気持ちがくじけていたけれど、文学フリマに来場者として参加してとても良かった。
良かった。

文学フリマ行ってきた。

某原稿の締め切りが本日の正午だったので、慌てて書いていたら出発がほぼ正午になる。絶望しながらも、編集人に懇願の電話をしたら「締切は月末に変更になりました」という非情な答えが返ってきた。「あと、クリアケースとかに入れて渡してくれたら助かります」……もっと早く言ってください。
会場入口に、どこからどう見ても太田克史氏にしか見えない人がカメラを肩から下げて立っていたのを見て、目黒考二氏の首にかけている様子(写真)を思い出したりはしなかったが、ちょっと慄く。何故、ここにいるのかが全く分からなかったので他人の空似だと思い込むことにする。
非常におなかがすいていたので、秋山氏を誘ってジョナサンへ。ジョナサンに行こうと言ったのは秋山。料理を待つ間、仮眠をとる秋山を携帯電話のカメラで撮ろうとした瞬間に起きられてしまった。自分でも気づかないうちに殺気のようなものが出ていたのか?
ゼロアカってなあに?」
と言ったらとても秋山が驚いていた。知りませんでした。まぁ、萌えっ娘にしか興味ないから仕方ないと思った。

☆本日の収穫☆
『幻視コレクション〜新しい現実の誕生〜』@700
『海が見える駅』@400
腐女子の履歴書 耽美・やおい・JUNE・BLとの50年』@500←ゼロアカのアレ
『週刊車窓 吉祥寺-中野間の車窓風景をボンヤリ眺めるフリーペーパー【2008年1月-6月ぜんぶ+α】』@500
『写植定規級数&Pt数透明シート』@50

☆フリーだったもの☆
『乙女文芸部vol.1』
『ルーシーのふて寝』
『ばるけんペーパー@第七回文学フリマ
『小説πの同人募集要項』